人間をゼロ人間前に育てるってとっても困難タスクだと実感してます。 我が家には14才と12才の子どもがいる。 ちょうど今とも反発期真っ最している時、小学生ボリューム学年当たりから少しずつ始まったように思います。 上の子どもはそろそろ抜けてくれないかなぁ?なんて期待しているのですがなかなか…。 まぁ反発期は必要なものだと言われてはいますので、ある意味ちゃんと成長してくれているんだなと喜ばしくも思うのですが。

あたいにはまだ小学生に入ったばかりというお嬢さんを持つ援助人間が居ます。 週間に一度は会って話をする関係なのですが、会えばやはり坊やのニュースが多いです。 わが子どもと年は違えど、その年ごとに動揺というものは様々ありますね。 援助人間のお嬢さんも近年口が悪くなってきたとか悩んでいました。 私の子どもも幼稚園のあたりあったな?「間抜け」とか言ってたひととき…、その都度叱っていたような記憶があります。

坊やが産まれたてのあたりは自分セルフも母体はじめ者、分から薄いことだらけで、精神的に心苦しい事もありました。 そしてこの頃は快眠間隔をまとめて取れないという、体力的にもてんこ盛り間際のひとときですよね。

それから歩き取り掛かり言葉を憶え、そして酷い言葉も覚えて話す、父兄はその都度ハラハラ。 言葉が直ったと思ったら次は父兄の言うことに反発・異議、それも間違った所見を堂々としてきたり行う。 その度にそれは違うと諭し、一度では理解しないから何度も何度も…これで心が折れそうになった項目何度もあります。

しかしあんなしている時でもふと「確かに一理生じるな」と思うような公表をしてきたり「私の坊や世の中よりはるかに頑張っているな」と見せかける姿を見せてくれたりする事があります。 そんな時は父兄として、坊やの際立つ成育を目の当たりにし快く誇らしく思うのです。

我が家にもこれからまだまだ色々な事が起きるでしょう。 家族で数え切れないほど突き当たり見合うでしょう。 相当なバイタリティが不可欠かと思われます…があたいは、真正面から才能いっぱいに子ども陣とぶつかって養育していきたいと思っています。
いま一押しのスマートレッグ!